新しい精製方法の漆を使用した “彩りシリーズ” 新発売

本来漆は茶色がかった透明でしたが、最近、限りなく透明に近い漆を作り出す製法ができました。

象彦ではその漆を使用し、「彩シリーズ」として、カップ、ぐい吞み、竹皿が登場。漆に着色し、箔の上に塗り重ねることで全く新しい質感が生まれます。

まるで金属のような風合いながら、木製ならではの軽さも兼ね備えています。ぜひ店頭でお手に取ってご覧くださいませ。

カップ/¥12000+tax

ぐい吞み/¥7500+tax

瑞雲/¥8500+tax,竹銘々皿/¥4600+tax