展示会情報

かぐやの茶会見どころvol.1 【一条恵観山荘】

かぐやの茶会の会場となる一条恵観山荘は、皇弟として摂政・関白を歴任した一条恵観が正保3年(1646)頃に京都西賀茂に別邸として築いた、雅趣と侘びが共存する田舎家風山荘です。

昭和期に鎌倉に移築され往時のまま復元されました。国指定重要文化財に指定されており、桂離宮や修学院離宮とも並ぶ、貴重な宮廷文化の遺構です。

山荘内には、当時の流行がうかがえる杉戸絵があり、枯山水のお庭、部屋によって微妙に異なる材や意匠を用いた面白い空間が存在しています。

静かな佇まいが時間を忘れさせてくれるようです。

ここで時の文化人とも、雅な交流を繰り広げていたのでしょうか。

この機会にぜひ足をお運びくださいませ。

次回みどころvol.2では、点心席の銀座はち巻岡田様をご紹介いたします。

―――

かぐやの茶会 2017.7月6日-8日 各日5席

会場:一条恵観山荘 展観席:象彦竹林蒔絵婚礼調度(かぐやの調度)茶席:象彦(濃茶続き薄茶)点心席:銀座 はち巻岡田

詳しくはこちらから >> 詳細

 

鎌倉「かぐやの茶会」特別催事のお知らせ

国指定重要文化財である、一条恵観山荘様(鎌倉)にて「かぐやの茶会」が7月6日・7日・8日に開催される運びとなりました。

この度、象彦では所蔵している江戸時代に製作した竹林蒔絵婚礼調度揃えを展観いたします。めったに公開する事のないお道具となっており、作品を間近でご覧いただけます。弊社代表の西村毅によるトークを交えながら楽しいひとときをお過ごしください。

またお茶席では恵観山荘様と象彦のお道具を用い、点心席は銀座の老舗、はち巻岡田様のお料理です。

鎌倉の地、銀座の味、京都の伝統が融合したスペシャルな3日間。七夕の季節に、ゆっくりと文化に触れる一日はいかがでしょうか。本イベントの見どころを今後も配信してまいります!

当日は多くの皆様にお会いできますように。

ぜひお誘い合わせの上お越しくださいませ。

―――

「かぐやの茶会」

会場:一条恵観山荘 神奈川県鎌倉市浄明寺5-1-10 

http://ekan-sanso.jp

開催日:2017年7月6日(木)、7日(金)、8日(土)

各日5席/第一席9:00・ 第二席10:30・第三席11:30・第四席13:00・第五席14:00 ※各席の進行は展観席→茶席→点心席となります。

定員:各席15名

先着順となりますので、定員に達し次第終了。受付後、順次ご案内と振込み用紙を郵送いたします。代表の方でご参加者をおとりまとめの上お申し込み下さい。

参加費:一般33000円/一条恵観山荘会員様、また象彦で情報をご覧になったお客様は28000円(税込)となります。※お申し込みの際に象彦でご覧になった旨お伝えください。

お問い合わせ・お申込み先:恵観山荘保存会

TEL /0467-53-7900(受付時間9:30-17:00)

 FAX/ 0467-53-7922 

メール/info@ekan-sanso.jp

※お問い合わせ・お申込みは上記連絡先よりお願い申し上げます。

八幡市立松花堂美術館 「BENTO‐目で味わう器」展

京都八幡市にある八幡市立松花堂美術館様の「BENTO‐目で味わう器」展に、弊社が製作した吹寄花見重、雲錦蒔絵八角喰篭を出品いたします。

「松花堂弁当」の発祥の地、八幡において、様々なお弁当箱の魅力がたっぷり紹介されている展覧会となっております。

ぜひ意匠の美しい作品の数々をご覧くださいませ。

―――

平成29年春季展 「BENTO-目で味わう器」

会場:八幡市立松花堂美術館

http://www.yawata-bunka.jp

会期:2017年3月14日(火)~5月7日(日)

時間:9:00~17:00

休館日:月曜日、3月21日(火)

前期/3月14日(火)~4月9日(日)・後期/4月11日(火)~5月7日(日)

※会期中、一部展示替えがあります。

 

革*jacobi × 象彦 / 蒔絵実演を行いました

革*jacobi様との限定ポップアップ開催に伴い、1月7日に銀座三越様、8日に日本橋三越様で蒔絵実演を行いました。

バッグとのコラボレーションという事もあり、今回は革素材への実演となりました!

当日は多くのみなさまにご覧いただき、感謝いたします。

ありがとうございました。

【博多大丸】大京都展 2017.1/11-1/16

 

博多大丸様で本日より開催の大京都展に出品しております!

実際に手に取って商品をご覧いただける機会となっておりますので、ぜひお越しくださいませ。

―――

「大京都展」

会場:大丸福岡天神店 大丸本館8F催場

日程:2017年1月11日(水)‐1月16日(月)

【限定ポップアップ開催】 革*jacobi × 象彦のコラボレーションバッグ

革と蒔絵の新しいコラボレーション企画が誕生しました!

日本の伝統的な切子デザインをレザーに施した、革*jacobiがプロデュースするブランド「革切子」。クラッチバッグ等、ファッションに新しいエッセンスを加えるデザインです。

そこに象彦がデザインする、蒔絵デザインを入れたシリーズをオーダーメイドいただる限定ポップアップが、日本橋三越、銀座三越で開催されます!

革*jacobiのレザーアイテムに10柄から選べますので、詳細は現地でご覧くださいませ。(※完成まで約2ヶ月半となります)

普段使いだけでなく、和装などにも合わせていただけるアイテムです。日本の伝統が生きた新しい素材とのコラボレーションとなっておりますので、この機会にぜひご来場ください。

(写真はクラッチバッグイメージ)

また、蒔絵職人による革への蒔絵実演も予定しており、¥4200(税抜)で革のバッグチャームに、お好きなイニシャルをお入れいたします。
実際に革に描く様子を間近にご覧いただけます。

銀座三越/2017年1月7日(土)

日本橋三越/2017年1月8日(日)

いずれも11:00~17:00の間で行います。

―――

会場:

日本橋三越本館1階イベントスペース 2017年1月4日(水)~10日(火)の7日間

銀座三越 1階 グローバルメッセージ 2017年1月3日(火)~10日(火)の8日間 

※「濱野皮革工藝×女性建築家・永山祐子」コラボ企画と同じ場所で開催されております。

 

 

 

【長崎浜屋】象彦展 2017.1/4-1/10

長崎浜屋様の8階ギャラリーにて、今年も「象彦展」を開催いたします!

暮らしのお道具に加えて、インテリアにもなる時計や樽材を使用した盛器をはじめとする、ほかにはない一点物なども初出品。

新春のはじまりを長崎の皆さまと共に。

スタッフ一同お会いできるのを楽しみにしております。

―――

「象彦展」

会場:長崎浜屋 8階ギャラリー

日程:2017年1月4日(水)‐1月10日(火)

 

【初出品・伊勢丹新宿店】期間限定販売 12/14-12/31

12月14日より31日まで、伊勢丹新宿店様で初めて期間限定販売中です!迎春にちなんだ商品となっておりますので、ぜひお近くの方はお立ち寄り下さいませ。

――――

会場:伊勢丹新宿店本館5F

日程:2016年12月14日(水)~12月31日(土)

【日本橋三越】「寿ぎの春」 11/30-1/10

日本橋三越様の本館5階、リビングギャラリーライフマイニングで、「寿ぎの春」を特集されます。象彦も期間中、お正月にふさわしい楽しく華やかな品々を展示予定です。※途中商品を入れ替える可能性がございます。

多くのみなさまのご来場お待ちしております!

*****

「寿ぎの春」

会場:日本橋三越 本館5階 リビングギャラリーライフマイニング

日程:2016年11月30日(水)~2017年1月10日(火)

15240132_1281599855219350_1063128125_n

15281172_1281601975219138_646965958_n

15239415_1281600275219308_1090757782_n

【玉川髙島屋】上野万梨子氏 のお料理教室 × 蕾カップで日本酒

玉川髙島屋様(東京)の会員制サロン「玉川テラス」でのお料理教室で、佐々木酒造の日本酒を象彦の蕾カップで飲んでいただける事になりました!講師はパリ在住の料理研究家・上野万梨子氏で、日程は12月2日(金)です。

IMG_2281

先日パリで行った試飲会でもご好評いただいた漆のカップで飲む日本酒。その味わいの違いをこの機に体感いただけましたら幸いです。
詳細、お申込みは下記リンクよりお願いいたします↓

http://www.tamagawa-sc.com/terrace/?id=888

*******

uenomariko
講師/上野万梨子 Profile

大学時代より料理研究家・飯田深雪氏に師事。氏の背中を追ううちに、料理研究家という仕事に憧れを抱きパリに料理留学する。1976年、ル・コルドン・ブルー・パリ校卒業。帰国後の1977年、東京・玉川田園調布の実家にてフランス料理教室を開講。1980年、初めての著書『シンプルフランス料理』を文化出版局より上梓。1991年、留学時代の思い出の地・パリ左岸に自宅を移す。日仏での著作、媒体での活動を通して、二つの国の食と生活文化にかかわる発信を続ける一方、食関連展示会の編集企画、商品開発アドバイスなどにも関わる。主なものとして「WA-fumi展」(2001年、於:La Grande Epicerie de Paris)がある。2008年より、パリ-東京にてフランス料理教室Galerie rizbléを不定期に開催している。
『小さなフランス料理の本』『パンを楽しむレシピノート』他、著書多数