昇鯉 -Shori- - ロイヤルセランゴール×象彦 (2014)

世界で展開しているマレーシア王室公認・老舗ピューターメーカ-のROYAL SELANGOR社と鯉の滝昇り伝説をモチーフにした
立体オブジェ「昇鯉-Shori」シリーズを共同制作。象彦では初めてのアジアでのコラボレーション。

アジアにとどまらず、世界のピューター産業をリードする、ROYAL SELANGOR社と
伝統と職人の技を結集させた「昇鯉-shori」シリーズを
開発から2年半をかけて共同制作いたしました。
立身出世の意味合いを持つ“鯉の滝昇り”から着想を得て、
世界初のピューター(錫合金)と漆による立体アートです。
力強さを表現した黒い鯉「剛-gou」、気品あふれる金の鯉「雅-miyabi」、
日本美の錦鯉「彩-irodori」の3種類を、世界限定88体で展開しています。

ROYAL SELANGOR社「昇鯉」特設サイトへ

ZOHIKO and ROYAL SELANGOR united the tradition and techniques of artisans to create this series of ‘Shori’. It took us two and a half years from development to completion. This series of three-dimensional art pieces is unique because it is the first time in history that pewter (tin alloy) and lacquer have been fused in a work of art. Its concept came from ‘Waterfall climbing carp’ which has the meaning of success and good fortune. We created a limited number of 88 pieces worldwide. There are three types: the black carp, ‘GOU’, depicting powerful strength, the gold carp, ‘MIYABI’, with a graceful outlook, and the Nishikigoi carp, ‘IRODORI’ which represents the beauty of Japan.