ミシェル・オディアール万年筆 - ミシェルオディアール×象彦(2006)

気鋭のクリエイターとして欧米諸国に数多くの著名人らをファンに持つ、
フランスの彫刻アーティスト、ミシェル・オディアール氏と万年筆を共同制作。

世界中のコレクターや著名人をファンに持つミシェル・オディアール氏と2003年に万年筆を共同制作いたしました。
“今までにない漆の万年筆をつくる”という想いから、動物や珊瑚といった斬新なモチーフを用いています。
コラボレーション作品は、「山珊瑚」「樹木」「麒麟」「抽象」の4種で、アートな世界観が広がります。
2007年には雑誌『Departures』に掲載され、日本国内では初めて紹介されました。
漆芸の表現の可能性を広げた、世界で一つの作品が完成しています。

We collaborated with Michel Audiard, a French engraver, to create fountain pens. He is known as a high-spirited creator and has many celebrities as fans around the world.

In 2003, we jointly created fountain pens with Michel Audiard, an engraver who has collectors and celebrities as fans around the world. From the original concept to ‘create unprecedented lacquer fountain pens’, we used brand-new motifs like animals and coral.
We collaborated on four types of artwork: ‘mountain coral’, ‘trees’, ‘Qilin’, and ‘abstract concepts’, creating an artistic world view.
It was featured in the magazine ‘Departures’ in 2007, and Michel Audiard was introduced to Japan for the first time. This art piece expanded the possibilities for artistic expression in lacquer and it is the only one in the world.