メティエダール・デ・サンボリック・デ・ラックシリーズ」時計 - ヴァシュロンコンスタンタン×象彦(2010‐2012)

スイスの高級老舗時計メーカーであるヴァシュロン・コンスタンタンの「メティエダール・ラ・サンボリック・デ・ラックシリーズ」で時計を共同製作。
ヴァシュロンコンスタンタンは、スイス・ジュネーブに本拠地を置く1755年創業の老舗時計メーカー。
手仕事による芸術と自らの芸術的な時計技術を融合させたアートな時計コレクション
「メティエ・ダール(=職人の手仕事による芸術)」シリーズの中で時計を共同制作いたしました。
3モデルを1セットとして、全世界20セット限定で販売されたこのシリーズは、
アジア、とりわけ日本の伝統的なモチーフを使用したモデルです。

※現在は販売しておりません

Vacheron Constantin is a long-established watchmaker based in Geneva, Switzerland, founded in 1755. We jointly created watches in the series of ‘Métiers d’Art (artwork created manually by craftsmen)’. This is a collection of watches created with the fusion of hand-crafted and artistic watch-making techniques. The series was sold worldwide with a limited run of 20 sets, and each set included three models. Traditional motifs of Asia, especially of Japan, were used in this model. ※Currently not for sale.