お知らせ

かぐやの茶会見どころvol.2【銀座はち巻岡田の点心席】

かぐやの茶会での点心席は、【銀座 はち巻岡田】様。大正5年(1916)に、現在の銀座5丁目に創業されたお店で、なんと今回初の出張料理です!

関東大震災からの店舗復興は水上瀧太郎の小説「銀座復興」のモデルとなりました。

現在は銀座3丁目で三代目が腕をふるっておられます。文人のご贔屓も多く、名物の「岡田茶わん」「揚げしんじょ」は小説や随筆などにも度々登場する馴染みの献立です。

お席の中では、お料理と共に象彦の雪月花(錫・磁器・漆)を用いて利き器を行っていただけます。素材によって異なる味わいの違いを楽しみながら体感いただけると嬉しいです。

―――

かぐやの茶会 2017.7月6日-8日 各日5席

会場:一条恵観山荘 展観席:象彦竹林蒔絵婚礼調度(かぐやの調度)茶席:象彦(濃茶続き薄茶)点心席:銀座 はち巻岡田

詳しくはこちらから >> 詳細

【そごう徳島店】第34回京都展 6/2-11

徳島そごうで6月2日(金)から11日(日)までの期間、徳島そごう様で第34回京都展が開催されます。

象彦も出店いたしますので、多くのみなさまとお会いできますことを楽しみにしております。

―――

第34回京都展

会場:そごう徳島店 6階大催事場

会期:2017年6月2日(金)~11日(日)※最終日は午後5時閉場

【東京ショールーム】お電話でのお問い合わせについて

東京日本橋店(現在は閉店しております)の移転作業に伴う電話でのお問い合わせについて

現在、6月上旬より麹町にオープンいたします「東京ショールーム」の移転の作業中となっております。それに伴い工事の都合上、5月8日(月)は終日とも旧番号、新番号共にお使いいただけません。

5月9日(火)より新番号が開通いたします。お問い合わせ等皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

―――

東京ショールーム

電話不通:2017年5月8日(月)※旧・新番号共

5月9日(火)より新番号 TEL 03-6261-6340 がお使いいただけます。

 

 

かぐやの茶会見どころvol.1 【一条恵観山荘】

かぐやの茶会の会場となる一条恵観山荘は、皇弟として摂政・関白を歴任した一条恵観が正保3年(1646)頃に京都西賀茂に別邸として築いた、雅趣と侘びが共存する田舎家風山荘です。

昭和期に鎌倉に移築され往時のまま復元されました。国指定重要文化財に指定されており、桂離宮や修学院離宮とも並ぶ、貴重な宮廷文化の遺構です。

山荘内には、当時の流行がうかがえる杉戸絵があり、枯山水のお庭、部屋によって微妙に異なる材や意匠を用いた面白い空間が存在しています。

静かな佇まいが時間を忘れさせてくれるようです。

ここで時の文化人とも、雅な交流を繰り広げていたのでしょうか。

この機会にぜひ足をお運びくださいませ。

次回みどころvol.2では、点心席の銀座はち巻岡田様をご紹介いたします。

―――

かぐやの茶会 2017.7月6日-8日 各日5席

会場:一条恵観山荘 展観席:象彦竹林蒔絵婚礼調度(かぐやの調度)茶席:象彦(濃茶続き薄茶)点心席:銀座 はち巻岡田

詳しくはこちらから >> 詳細

 

鎌倉「かぐやの茶会」特別催事のお知らせ

国指定重要文化財である、一条恵観山荘様(鎌倉)にて「かぐやの茶会」が7月6日・7日・8日に開催される運びとなりました。

この度、象彦では所蔵している江戸時代に製作した竹林蒔絵婚礼調度揃えを展観いたします。めったに公開する事のないお道具となっており、作品を間近でご覧いただけます。弊社代表の西村毅によるトークを交えながら楽しいひとときをお過ごしください。

またお茶席では恵観山荘様と象彦のお道具を用い、点心席は銀座の老舗、はち巻岡田様のお料理です。

鎌倉の地、銀座の味、京都の伝統が融合したスペシャルな3日間。七夕の季節に、ゆっくりと文化に触れる一日はいかがでしょうか。本イベントの見どころを今後も配信してまいります!

当日は多くの皆様にお会いできますように。

ぜひお誘い合わせの上お越しくださいませ。

―――

「かぐやの茶会」

会場:一条恵観山荘 神奈川県鎌倉市浄明寺5-1-10 

http://ekan-sanso.jp

開催日:2017年7月6日(木)、7日(金)、8日(土)

各日5席/第一席9:00・ 第二席10:30・第三席11:30・第四席13:00・第五席14:00 ※各席の進行は展観席→茶席→点心席となります。

定員:各席15名

先着順となりますので、定員に達し次第終了。受付後、順次ご案内と振込み用紙を郵送いたします。代表の方でご参加者をおとりまとめの上お申し込み下さい。

参加費:一般33000円/一条恵観山荘会員様、また象彦で情報をご覧になったお客様は28000円(税込)となります。※お申し込みの際に象彦でご覧になった旨お伝えください。

お問い合わせ・お申込み先:恵観山荘保存会

TEL /0467-53-7900(受付時間9:30-17:00)

 FAX/ 0467-53-7922 

メール/info@ekan-sanso.jp

※お問い合わせ・お申込みは上記連絡先よりお願い申し上げます。

Rupert Sanderson London × ZOHIKOコラボレーション

英国発のラグジュアリーなシューズブランド、Rupert Sanderson London(ルパートサンダーソン)様とコラボレーションいたします!

ヒールのパーツを箔と漆で仕上げ、今までにない組み合わせとなっています。日本での販売はありませんが、来月香港でローンチ予定、その後台湾でも発表されます。

またこちらのコラボレーションについて、フィガロジャポンのブログで先行してご紹介いただきました。

ぜひご覧ください!>> madameFigaro.jp

Rupert Sanderson  

高島屋×象彦コラボレーションのベビー食器が誕生!

お食い初めから普段使いまで使えるベビーのための漆器セットが、高島屋様とのコラボレーションで誕生しました。

箱膳からヒントを得た、おうち型の収納箱の屋根蓋はお膳や普段使いのトレーとしてもお使いいただけるデザインになっています。お食い初めの後も長く使えるセットです。

¥64800(税込)

カラーは洗朱(写真)と深みがかった茶がしっとりと艶めく溜色の2色展開です。

「NIPPONものがたり」

販売期間:3月29日(水)~4月18日(火)

お取扱い店※高島屋様との限定コラボレーション商品の為、象彦直営店では販売しておりません。下記店舗へお越しください。

髙島屋 大阪店・京都店・日本橋店・横浜店・新宿店・玉川店 など各ハローベビーサロン売り場にて3月29日(水)より発売開始!お問い合わせは各店舗にてお願い致します。

ぜひご覧くださいませ。

【重要】東京日本橋店移転のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、この度「象彦東京日本橋店」は麹町に移り新たに「東京ショールーム」として営業することとなりました。

これを機に、皆様のご信頼にお応えできるよう倍旧の努力をしてまいる所存でございます。

今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年3月 株式会社 象彦

―――

東京ショールーム

日程:平成29年6月上旬オープン予定

※現在の東京日本橋店は3月31日までの営業となります。

新住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5一ノ瀬ビル1階

東京メトロ有楽町線「麹町」出口1より徒歩2分

東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」出口1より徒歩5分

営業時間:10:00-17:30

定休日:土・日曜・祝祭日

TEL / 03-6261-6340   FAX / 03-6261-6339

 

八幡市立松花堂美術館 「BENTO‐目で味わう器」展

京都八幡市にある八幡市立松花堂美術館様の「BENTO‐目で味わう器」展に、弊社が製作した吹寄花見重、雲錦蒔絵八角喰篭を出品いたします。

「松花堂弁当」の発祥の地、八幡において、様々なお弁当箱の魅力がたっぷり紹介されている展覧会となっております。

ぜひ意匠の美しい作品の数々をご覧くださいませ。

―――

平成29年春季展 「BENTO-目で味わう器」

会場:八幡市立松花堂美術館

http://www.yawata-bunka.jp

会期:2017年3月14日(火)~5月7日(日)

時間:9:00~17:00

休館日:月曜日、3月21日(火)

前期/3月14日(火)~4月9日(日)・後期/4月11日(火)~5月7日(日)

※会期中、一部展示替えがあります。