近江八景花唐草 配重

八景とは、中国湖南省洞庭(どうてい)湖(こ)付近の名勝・瀟湘(しょうしょう)八景を見本としており、

室町時代には、その瀟湘八景をもとにさまざまな日本の風景が漢詩に詠まれました。

作品の意匠である近江八景は、琵琶湖周辺の代表的な名勝8カ所を選んだものです。

登場したのは江戸時代の初め頃であり、日本にある各地の八景の中でも早い時期の選定であるとされています。

また一説によると、明応9年(1500)に近江守護六角高頼の招待で、

近江に滞在した公卿の近衛政家が近江八景の和歌八首を詠んだことが始まりであるとも言われています。

以後、屏風絵や版画の題材として流行し、有名な歌川広重の浮世絵によって、庶民の間にも浸透しました。

蒔絵(まきえ)技術の高さを物語る、細部まで描きこまれた八景の美しさをご覧ください。