八橋蒔絵硯箱(国宝写し)

琳派を代表する尾形光琳(1658-1716)が江戸時代に制作した「八橋蒔絵硯箱」。現在実物は東京国立博物館に所蔵されており、国宝に指定されています。
九代彦兵衛の時代に、その作品を写し制作いたしました。本作品は長方形・角丸の被蓋造の箱で、上段を硯箱、下段を料紙箱としています。これは「伊勢物語」八橋の段
から衣 きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる 旅をしぞ思ふ
の歌を尾形光琳が意匠化したものです。
この作品は、伝統的な「留守文様」の手法に基づき、主人公である在原業平や従者の姿は省略され、
かきつばたと八橋のみが大きくクローズアップされています。背景によって、人物を象徴的に暗示しているのです。
橋には鉛を使い、往来の激しさを演出するために、表面を故意に傷つけている様子や、不整形な貝によってかきつばたの花びらのひらひらとした様子を表しています。
文様・技法とも光琳蒔絵の特色を示した優れた作品です。