源氏色紙蒔絵手箱

源氏物語絵は、話そのものが長大なために、源氏物語54帖の各帖から場面をいくつか選び、本文にあたる詞書とそれに対応する絵を対にして交互に入れてあります。
手箱の色紙の中に描かれている植物や物から、どの場面なのかを想像する楽しみがあります。