月別アーカイブ: 2019年10月

「高御座と御帳台模型」特別公開 2019.10/25-27

本年も京都寺町本店のあります、寺町通にて第23回美術まつりが開催されます!

美術まつりの詳細はこちらからご覧くださいませ。リーフレットPDFもダウンロードできます。

http://teramachi-art.jp/event/index.html

象彦も期間中参加しており、その日にご即位を記念して、所蔵しております「高御座・御帳台模型」を特別公開させていただきます。本模型は実際にご即位に使用される高御座・御帳台を精巧に写したミニチュアで、専門家の見解では、日本に三台ある模型の内の一つとされております。

ギャラリートークの他、この日しか展示しない蒔絵の作品や、1階でも秋の新作を販売しておりますので、涼しくなった京都にぜひお越しいただけましたら幸いです。

―――

高御座・御帳台模型特別公開

開催日時:2019年10月25日(金)~27日(日)10:00~18:00

象彦寺町本店2階ギャラリー 入場無料

■ギャラリートーク

10月27日(日)11:00~/15:00~ 各回15分を予定しています

 

関西学院大学JAPAN REBIRTH PROJECTによる‘’京漆器カフェ‘’が開催されます

関西学院大学 経済学部 栗田研究会で「開発経済学」を研究するゼミ生8名で構成されている、JAPAN REBIRTH PROJECTによる体験型の京漆器カフェが12月に5日間の期間限定で開催される予定です。

京都、もやし町屋でのカフェを行うにあたり先日クラウドファンディングもスタートされました。象彦ではスイーツ提供時のうつわで協力させていただいております。

弊社も長い期間、学生の皆様と伝統や漆器の現在についてのお話をさせていただき、沢山の刺激をいただきました。

ぜひ一度こちらのサイトもご覧いただけましたら幸いです。

https://camp-fire.jp/projects/view/196062

――

JAPAN REBIRTH PROJECT / 関西学院大学 経済学部 粟田研究会 

https://kurikuriresearch.wixsite.com/japanrebirthproject

私たちは「スマイル」と「ローカル」をくっつけた造語である Smilocalという活動で、「この街の明日へ笑顔を届けるために」を軸に、現在10のチームで活動しています。
日本の地域(主に関西)を対象に行っていて、各チームが実際に対象とする現地に赴き、地域密着するような形で活動しています。