蜀光錦花見重

花見弁当は江戸時代に用いられた、いわばピクニックセット。
重箱や瓶子、杯、盆、銘々皿などの宴会道具一式が組みこまれています。
お重は、宴というハレの場を彩る特別なものとして、江戸時代後期には
蒔絵技術の発達とともに形、主題や文様、技法などが多彩となり、
華やかな装飾をほどこしたものが多く製作されました。
蜀光錦花見重は、日本の伝統的な意匠が緻密な蒔絵で描かれ、
贅沢を極めた一級品です。